--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.0711:36

釣りキチ三平誕生までの苦難

釣りキチ三平の釣れづれの記(平成版)

釣りキチ三平の釣れづれの記(平成版)
週マガ50年 著者:矢口高雄出版社:講談社サイズ:コミックページ数:237p発行年月:2008年09月


【内容情報】(「BOOK」データベースより)矢口高雄、漫画家誕生の瞬間、釣りキチ三平誕生までの苦難、カムチャッカ釣行での驚きの光景、etc竿先にあたりを感じた瞬間をみごとに綴った矢口流エッセイ!漫画を超えたおもしろさがここに凝縮。【目次】(「BOOK」データベースより)ボクの章太郎/鬼太郎の迫力/鬼太郎のアドバイス/初入選!『長持唄考』/赤目プロ訪問/カムイの面影/常識はずれのエネルギー/盗作作家のレッテル/「バチヘビ」のあとさき/『釣りキチ三平』スタート〔ほか〕


【著者情報】(「BOOK」データベースより)矢口高雄(ヤグチタカオ)本名・高橋高雄。1939年、秋田県平鹿郡増田町生まれ。―30歳、少年時代の漫画熱がさめやらず、12年間勤めた銀行を辞め、妻子も残して単身上京。漫画家としては異例の遅いスタートをきる。1973年『釣りキチ三平』連載開始。同年『幻の怪蛇・バチヘビ』発表。翌74年、この2作品で講談社出版文化賞(児童まんが部門)を受賞。76年には『マタギ』で、日本漫画家協会賞大賞(グランプリ)受賞。―作家活動のかたわら、(社)日本漫画家協会理事、漫画集団同人、マンガジャパン世話人としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。